上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も高尾山に桜の季節がきましたので、高尾山口~高尾山~景信山~陣馬山~生藤山~藤野駅の
ロングトレイルを行ってきました。
高尾山、一丁平、城山の桜は、ほぼ満開。景信山はまだ蕾でした。
生藤山の桜も、ほぼ満開でした。
Takao01.jpg
高尾山頂よりの富士山

Takao02.jpg
一丁平の桜
スポンサーサイト
4K写真展1013
土曜日に4K写真展を見に行って来た。
私も早くから、モニター作品展を期待していた。
画質は想像以上に、シャープで描写力もあり素晴らしい。
運良くポートレート作家だったが、第一人者のトークショーに入り込めた。
作家のトークに限りない可能性を見出す事が出来、ラッキーだった。
ただ一つの難点は、モニター画面一台に一人の作家が基本になりそうだ。
個展にしても、モニター画面にどう作品を表現するかで、価値観の差がでそうだ。
自分としても、とりわけ早急に取り組みたいプロセスである。
大貫1005
ASAの休会会員である大貫信彦さんが個展を開催した。
心からおめでとう!を言いたい!
場所は「富士フォトギャラリー新宿」期間は「3/28~4/3」
新宿御苑のサクラを4年で纏め上げた力作だ!
時間を作り、是非、見て頂きたい。
ナマステ!
年末年始にネパールへ行ってきました。

写真では写しきれない素晴らしい風景に出会い、
同行のお二人と現地ガイドのマガさん、ポーターのタマンさん、グルンさん
とても良いチームでのこの旅は宝物となりました!!感謝

波乱の幕開け
出発前日の午後に不幸の電話・・・・
天候不順で国内線が飛ばない可能性がある為、
予定していたエベレスト街道を変更してはどうかとの提案。なんで前日に・・・
結局、アンナプルナ・ダウラギリ方面のトレッキングとなりました。

初日
国内線が遅れたこともあり、ジープを使って山道を快走。でこぼこ道でしたが楽できました。
最初の宿泊ロッジ。

少し心配していたトイレ事情ですが、どこも綺麗な水洗です。
さて流された先はどこへ行くのやら???

005.jpg


道中は、馬、やぎと当たり前のようにすれ違い。
沢山の糞をよけながらの歩行です。
やぎの群れを引き連れている人は、勝手に「ペーター」と名付けました。

019.jpg

ペーターその①でしょうか・・・
033.jpg


トレッキング初日、運よく素晴らしい夕景に。
宿泊地ゴラパニまでは、沢山のいろんな国からの登山客で賑っていました。

054.jpg

2泊目、ゴラパニのロッジ。
満天の星空を堪能した後眠りにつきましたが、寒さで何度も目が覚めてしまうことに・・・
この行程で一番の星々の輝きが見れました。

106.jpg


翌朝はプーン・ヒルを目指し5時半出発。
アンナプルナ山群、ダウラギリが朝日に照らされて神々しい。

073.jpg

3泊目の宿となるタダパニからの夕景。
今日は駄目かと思いつつ見守っていると、日が沈む間際のひと帯の光が差し込んで、
みるみるうちに広がって真っ赤に。
刻一刻と変わってゆく山の表情をただただ眺めていました。

161.jpg


12月31日、今年最後の朝日です。
今年一年いろいろありましたが、とても力強い朝日を浴びて元気になりました。

171.jpg


186_20140112222813d6a.jpg

最後の宿泊地トルカ。日本時間で新年を迎えた後、就寝。
宿泊場所の関係から朝日は見れませんでしたが、山を照らす新年の光を堪能。
今年も良い年でありますように・・・

197.jpg

116_2014011312205785d.jpg


食事あれこれ
基本的にカレーです。スープとジャガイモは間違いありません。とっても美味い!
今日は何を食べようか迷った時は、にんじん、玉ねぎ、まめ、ベジタブルのスープを。
おなか事情もなんとか大丈夫でした。

105_201401122246381c8.jpg 031_20140112224624c49.jpg

216_20140112224657c2e.jpg 245_20140112224719078.jpg

首都カトマンズ おまけ
分かりますでしょうか、中央にある男性と女性の象徴。
これがすべての始まりとのこと。牛はシバ神(ヒンズー教の一番偉い神様)の乗り物です。
290_201401122251057a6.jpg 
だから牛を殺せなくて「のら牛」大量発生中!街の道路にも「のら牛」発見。 285_20140112225119b2d.jpg
ひたいに着ける赤いしるしも結構カラフルなものがあうようで・・・ 
295_201401122251387c7.jpg  306_20140112225225835.jpg
                          柱の下部分のレリーフをよ~く見てね!!
                          子孫繁栄のため
                          建物を取り囲む柱すべてにこのようなレリーフが。
                          中でもいちばん爽やかなものを選んでみました・・

by みちのく
今年も 山岳写真ASAでは2013年を彩る 山岳写真のカレンダーを作成しました。

八ヶ岳から北アルプス、東北の山など多岐にわたる山域で
それぞれの季節にふさわしい写真を選びました。

A2サイズ、フルカラー13枚綴り

月1枚で、カレンダー部分には書き込む余白もたくさんあります。
毎月、サブ写真も掲載されており、2つの写真を楽しむことができます。
翌月のミニカレンダーもついています。

表紙は、1年カレンダーとして使うことが可能です。1つで2度お得です。

ご興味のある方は、下記より見本を参照できますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

見本、購入:ASAホームページ
http://www.ifnet.or.jp/~asa.p/

または、Amazonからもどうぞ
2013年カレンダー岳

Calendar2013top

Calendar2013sum

ASAホームページ
http://www.ifnet.or.jp/~asa.p/

Amazon
2013年カレンダー岳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。