上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猿ヶ馬場山(日本二百名山) 2011/5/4
白河郷~帰雲山~猿ヶ馬場山
猿ヶ馬場
道の駅白河郷で夜明けを迎える。早朝の荻町の合掌集落は訪れる人もいず静かな朝であった。猿ヶ馬場山の登山口付近の駐車場はまだ閉まっており、町を往復するが見つからず。15分ほど、ウロウロ探し、やっと明善寺近くの駐車場に車を入れ出発。
寺の横の細い林道をに入る。ジグザグを数回繰り返すと、標高650m付近で谷の雪が多くなり、谷を直登する。
谷をしっかり雪がつき、歩きやすい、標高1050m付近で宮川林道に出る。平坦になっており軽い食事をとる。
林道を500mほど歩き、右側の山へ、稜線づたいの帰雲山への登りが始まる。標高1450mまで登ると、ゆるらかになる。尾根じたいは全体に広い。
稜線
帰雲山まで来ると、猿ヶ馬場山がやっと望めた。
(猿ヶ馬場山)帰雲山より
猿ヶ馬場山
少し下りオオシラビソの樹林帯の中の登りが続きやがて前方に台地状の猿ヶ馬場の頂上が見えると、幅広い猿ヶ馬場の頂上に出た。この時期でこその360度の展望が見られた。
(白山)猿ヶ馬場山より
白山
スポンサーサイト
2011.05.18 笈ヶ岳
笈ヶ岳(日本二百名山) 5月3日
中宮ビジターセンター~旧野猿公園~ジライ谷~冬瓜山~シリタカ山~笈ヶ岳

中宮ビジターセンターの駐車場で仮眠。朝起きると、10台位の車が止まっていた。5時出発。
笈ヶ岳地図
野猿公園(現在は閉鎖)迄はほぼ水平道、途中、沢が1ヶ所。野猿公園の東屋前の沢は2日前の雨のため、水量が多く、少し登った所で沢を渡り、ジライ谷の急登に取りつく。
(ジライ谷)白山林道より
ジライ谷
木の根をつかみながら1278mのピークまでひたすらの登り。人が少ないためか、カタクリ、イワウチワなど多く見られ疲れを癒してくれた。
1278mピークを越えると、視界が開け、白山、これからとたどる冬瓜山、シリタカ山が望める。
(加賀白山)
白山
3時間40分でやっと稜線に出る。冬瓜山(カモウリヤマ)の手前までなだらかな散歩コース、冬瓜山の急登を登りきると、難所のナイフリッジ、今年は雪が着いていた。幅は両足分だけの道が10m程度。
(冬瓜山ナイフリッジ)
冬瓜山
冬瓜山よりはアップダウンを繰り返しながら、シリタカ山、小笈へ順調に進み。6時間30分で笈ヶ岳へ到着。
(笈ヶ岳)冬瓜山より
笈ヶ岳
帰路は、シリタカ、冬瓜を避け、冬瓜平を経由して、中宮へ下山。往復11時間であった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。