上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます。

今年も山岳写真ASAをお願いいたします。

さて、先日、

黒百合ヒュッテにて

雪訓を行いました。

アイゼン歩行、ピッケルの使い方、滑落停止、埋没体験、等々

雪山の基本を学びました。

天候にも恵まれ、-18℃の中、夜の撮影も行いました。

kuroyuri1


スポンサーサイト
ここ数年恒例のクリスマス山行に行ってきました。

北横ヒュッテにて

撮影機材より重い(?)食材を持ち込み

シャンパン、ケーキ、生ベーコン、ワイン、日本酒などなど

豪勢な祝杯をあげました。

撮影もなんとか天候にも恵まれ、

雪いっぱいの風景を満喫しました。

サプライズ、Sサンタからのプレゼントもありました(^-^)

kitayoko3

kitayoko2


kitayoko1


Merry Christmas!

忘れ物三昧の山行。

その1
待ち合わせの駅にて、
おや、手袋がない!
慌ててコンビニにダッシュするも、軍手と作業用手袋しかない。
仕方なく園芸用手袋を購入。
同乗者に手袋忘れを告白、購入した手袋を披露。
ちょっと寒いかも・・・のご指摘。
ちょい凹み。

その2
カメラの電源入れても作動しない。
バッテリーがない。
山行としてはD7000を初持参、
意気込んでいたのに・・・
でも、予備として新品バッテリーを購入して持って来ていたのだ!
やれやれと思ったのもつかの間。
電源ONしてみてびっくり。
残量がメモリ2つ分しかありません。
放電していたのだ・・・・ああ、どうしよう。
直ぐに告白出来ずに、縞枯山頂上を目指す。
一枚一枚がとても貴重だ。

その3
ライトがない。
自分ではリュックに入っていると思っていたのに。
ライトなし、バッテリーの残量少ないことを伝え、日の出の撮影を断念。
翌朝出発の気配を感じるも、すやすや。


おまけ
大学の時より長年使っていた帽子をなくした。
前回の雪山がとても寒くて、頭全体を覆う帽子を購入。
2重にかぶっていたら、どこかに落してしまったみたい・・・
なんてこった!


ちなみに、前回の八ヶ岳ではレインウエアーを入れる袋が不明に。
忘れもの王健在!


DSC_0424.jpg


DSC_0471.jpg


DSC_0521.jpg


DSC_0456.jpg
今回の参加者は3名です。当初の計画は、北横岳ヒュッテに宿泊して、朝、北横岳からの撮影予定でしたが、2/5は満室のため縞枯山荘に変更した。

初日
9時半にピラナスロープウェイに到着。まず縞枯山荘で受付をすませ、明日の朝予定の縞枯山に下見にゆく。
DSC_4152_240.jpg
DSC_4166_280.jpg
DSC_4174_280.jpg
午後は夕方まで坪庭を散策撮影。
DSC_4188_280.jpg
DSC_4220_280.jpg
DSC_4301_280.jpg
DSC_4320_280.jpg

二日目
朝五時起床。まだ星空がきれいに輝いている中を縞枯山展望台へ。
期待通りの朝焼け。
DSC_4339_280.jpg
DSC_4363_280.jpg

DSC_4387_280.jpg
縞枯山荘に戻り、山菜うどんの朝食後北横岳に向かい360°の展望を堪能した。
DSC_4407_280.jpg
DSC_4412_280.jpg
DSC_4421_280.jpg
今回も天気に恵まれた山行でした。
また、自分の体力のなさを感じた山行でもありました。

K.S(64)
2011.01.13 1/8-1/10 天狗岳
一日目
今回参加者5名が新宿西口6時50分集合し、中央道諏訪IC経由で渋ノ湯へ向かう。思いがけず渋ノ湯手前の溜め池にてフロストフラワーの撮影をする。
Tengu-1

登山口で登山届けを投函するも既に満杯状態。約2時間半で黒百合ヒュッテに到着。しばし休息して、夕方小屋前の山に登り夕日の撮影を行う。
Tengu-2

Tengu-3

Tengu-4

二日目
前日の晴天とは違い風と雪があるが、5時半起床6時出発で中山峠付近の見晴台まで向かう。吹雪の為、視界がなく諦め撤退。
遅い朝食後も天気は回復せず午前中は小屋にある山岳写真の書籍や雑誌で自習。CL(チーフリーダ)のSさんは小屋の手伝いで忙しく動き回る。小屋の名物「お汁粉」を丼で頂く。昼頃来た登山客がお汁粉を頼むも我々が食べた分で終わりになっていて大変残念がっていた。その後、みちのくさんは明日仕事があり泣く泣く一人で下山した。
午後になっても吹雪はやまないが、写真撮影の訓練に3人で中山付近まで出かけた。林の中に降る雪で色々な動物などに姿を変えている。
Tengu-5

夕食後、CLのサプライズがあった。この小屋で働いているYオーナ、5年目のKさん、現在アルバイトで4月から正社員のKaさん、美人のYoちゃん、3月一杯頑張る若手のKoiさん、ボランティアで働く京都から来たKiさんの6人を紹介してもらった。CLは皆さんのイメージからその人に合うカクテルを造ってくれた。昔若い頃銀座でシェーカーを振っていたらしい。我々と同じく2連泊した日本山岳医師会の方々をガイドしている上越市の方(女性)をも引きずり込み大変盛り上がり、明日の晴天を祈りながら就寝。


最終日
予定の5時半に起床して天気を確認すると星が輝いている。心躍らせながら6時に出発。中山峠付近の見晴台で朝日を待つが、ここでハプニングが発生。雲台が固定しない者、寒さの為残り少ないバッテリーでは動作しないが予備のバッテリーを忘れ慌てて小屋に戻った者等、バタバタしてしまった。しかし天狗岳は素晴らしい景色を見せてくれました。
Tengu-7

Tengu-8

Tengu-9

小屋に戻り朝食後今度は東天狗岳を目指しました。途中強風でしたが雪訓での教えを思い出しながら一歩一歩頂上に登りました。頂上は更に風が強かったのですが、360°の視界が開け満足の登頂でした。只、体感温度約-30℃ではカメラもまともに動作せず、早々に下山しました。
Tengu-10

Tengu-11

黒百合ヒュッテに戻り下山準備後、小屋の皆様に見送られて1時間10分で渋ノ湯に無事到着しました。
途中3日分の汗を風呂で流し、渋滞にも遭わず20時頃新宿西口に到着して冬山会山行は無事終了しました。今回色々反省すべき点が個々に多々ありましたが次回までには修正したいと思います。
   K.S (64)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。