上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は例年より紅葉が遅いと言いながらも、北アルプスは全体的に良い色づきで10年に一度の見事さというところもあったようです。
Tadは個人としては3つの山域に紅葉の撮影に行きました。

1)立山・室堂地域 (10月3日~5日)
雷鳥沢にテント泊して室堂周辺や天狗平、弥陀ヶ原などで撮影。
ここの紅葉は素晴らしかったです。
立山山腹の赤・オレンジ・黄色・緑のパッチワークも豪華だし、バス道路沿いの広葉樹林の色もきれいで思わずバスを降りたくなったほど。
ただ、朝夕の天気がそれほどでもなかったのが残念。

立山紅葉

2)会津駒ヶ岳 (10月15日~16日)
ここは7月に初めて訪れて、ブナの林と駒の小屋の居心地の良さにすっかり魅了されました。
東北の紅葉をどこで見ようかと考えた時に、もう一度行ってみようと思いました。
惜しくもブナの色づきはまだ5分くらいでしたが、駒の小屋で小屋番さんや泊まり客と楽しい時を過ごせました。
翌朝は富士見尾根を辿ってキリンテへ下山。終始燧ヶ岳が正面に聳える快適な道でした。

中門岳

3)黒部川 下ノ廊下 (10月25日~26日)
今年の重大目標の一つだった下ノ廊下。
紅葉と天気の両方が揃って最高の時期に訪れることができました。
エメラルド色の激流の両側に聳える岩壁が全面紅葉に染まっている景色はほかでは見ることができません。
今回は前々日の寒波で紅葉の上部が真っ白に冠雪している景色にも出会えました。
まさに、今年最高の紅葉でした。

水平歩道


Tadはすべての山行記録をヤマレコに掲載しています。
上記の3つの山行の記録は以下のリンクからご覧頂けます。

1)立山
2)会津駒ヶ岳
3)下ノ廊下


(by Tad)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。