上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツイッターでフォローし合う「鳳凰小屋」さんを起点に三山縦走

今年のGWは、ASAとツイッターでフォローし合う「鳳凰小屋」さんにお邪魔したいと思い、
5月2日の夜、新宿21:00発のあずさで韮崎へ。
韮崎駅徒歩2分の「よろずや」旅館さんに宿泊して、翌朝7:10分のバスで御座石鉱泉へ向かう。

御座石鉱泉に着くと曇りのお天気、
午後には雨か雪の可能性も否定できない予報だったので、
ご主人とワンコの「しろ」にご挨拶して早速スタート。
「しろ」はおとなしい

今日は鳳凰小屋まで約1300mの標高差、特に燕頭山までは急登が続く。
燕頭山を越えると残雪の量も増してくる。
6本歯のアイゼンを付けて大好きな雪道の感触を楽しむことができた。

2時前に鳳凰小屋に到着。
着いたとたんに小雨が降り出し、あっという間にみぞれから雪に変わった。
夕方到着する登山者は濡れてかなり寒そうだった。

夕食後は小屋のご主人を囲んでの団欒に参加。
お酒もご馳走になり本当にありがとうございました
小屋で働きながら写真を撮っているUさんともお知り合いになれてよかった!
Uさんの作品は今年の秋の「山と渓谷」に掲載されるとのこと。
ますます頑張って下さいね。
鳳凰小屋ではランプの灯りで団欒

翌日5月4日は暗いうちに小屋を出発。
天気はうす曇りで朝焼けにはならなかったが、まずまずの天候の中、地蔵岳から薬師岳を目指す。
アカヌケ沢ノ頭を越えて地蔵岳を振り返る

久しぶりの山行なのでのんびりと撮影をしながら稜線歩き。
前回は秋にテントで縦走したが、今回は贅沢に薬師岳小屋にも初めて宿泊する。
明日は雲海が出てほしいと思いながら小屋でのんびり。

翌朝、小屋を一番早く出て薬師岳山頂へ。
願いが通じたのか雲海が広がっているではないか。。。
今日も朝焼けにはならなかったが、この景色はやっぱり美しいなぁ。
薬師岳山頂から雲海の彼方に八ヶ岳を望む
観音岳に向かう途中からの薬師岳と富士山

夜叉神へ下山する人が多い中、我々は地蔵へ向かって稜線歩き。
北岳側にも徐々に雲が流れてくる。
観音岳を越えると北岳が間近に感じられる

薄雲が多く光の具合がイマイチではあるが鳳凰三山からの景色は素晴らしい!

帰りは鳳凰小屋にご挨拶。
テラスで自炊して腹ごしらえ後、一気に御座石まで下山する。

登りよりも下りがキツイ尾根ですね~、ここは。
久しぶりのせいか足が痛くなりました。

御座石鉱泉でお風呂に入って15:15分のバスで韮崎駅へ。
帰りの電車が混んで、デッキでお酒を飲みながらの帰京となりました。
harush@ASA


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。