上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猿ヶ馬場山(日本二百名山) 2011/5/4
白河郷~帰雲山~猿ヶ馬場山
猿ヶ馬場
道の駅白河郷で夜明けを迎える。早朝の荻町の合掌集落は訪れる人もいず静かな朝であった。猿ヶ馬場山の登山口付近の駐車場はまだ閉まっており、町を往復するが見つからず。15分ほど、ウロウロ探し、やっと明善寺近くの駐車場に車を入れ出発。
寺の横の細い林道をに入る。ジグザグを数回繰り返すと、標高650m付近で谷の雪が多くなり、谷を直登する。
谷をしっかり雪がつき、歩きやすい、標高1050m付近で宮川林道に出る。平坦になっており軽い食事をとる。
林道を500mほど歩き、右側の山へ、稜線づたいの帰雲山への登りが始まる。標高1450mまで登ると、ゆるらかになる。尾根じたいは全体に広い。
稜線
帰雲山まで来ると、猿ヶ馬場山がやっと望めた。
(猿ヶ馬場山)帰雲山より
猿ヶ馬場山
少し下りオオシラビソの樹林帯の中の登りが続きやがて前方に台地状の猿ヶ馬場の頂上が見えると、幅広い猿ヶ馬場の頂上に出た。この時期でこその360度の展望が見られた。
(白山)猿ヶ馬場山より
白山
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。