上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日目 7/28(土) 晴れ時々曇り
05:45 新保高温泉
07:10 わさび平小屋 
07:30 発
12:40 鏡平山荘(泊)

前夜に埼玉を出発し、道の駅風穴の里で仮眠。朝4時過ぎに新保高温泉に行くも無料駐車場は満車。
悩んだ末に有料駐車場に停めることに。

天気は快晴。わさび平小屋までは整備された道を行く。緩やかな登りだか荷物が重い。
わさび平小屋手前で何やら人だかり。指差す方を見ると、道路より5mほど上の斜面に熊の姿が。初めて見る野生の熊にびっくり。

わさび平小屋では、冷水に浮かんだリンゴやスイカ、トマトやキュウリがおいしそう。

ku00

わさび平小屋を15分ほど行くと、いよいよ登山道へ。道は整備されていて歩きやすい。

少しずつ高度を上げる。途中、秩父沢を超え、雪渓のあるイタドリヶ原を過ぎる。このころ、日差しはピークに。遮る物がない行程に、気分が悪くなる。シシドガ原をなんとか過ぎると水場があり、冷たい水を浴び、なんとか復活。

その後は、登りも少しゆるやかになり、木陰も所々あり、気を取り直して登る。

お昼過ぎに1日目の宿である鏡平山荘に到着。
鏡池に映る穂高連峰と槍が目に飛び込んできて、疲れがふっとんだ。
午後、槍方面の雲が切れた瞬間を狙い、鏡池前で撮影。

ku01

夕日の時間には、槍はまた雲の中だった。
早々と就寝。


2日目 7/29(日) 曇りのち晴れ
05:50 鏡平山荘
06:50 弓折乗越
09:05 双六山荘
09:30 発
12:00 三俣蓮華岳
14:00 三俣山荘

朝も鏡池前で少し撮影する。それほど空は焼けず。
4:30に朝食を取り、出発。

徐々に雲が出てきて、せっかくの花が咲き乱れる花見平ではあたりは真っ白。しばらく待つが雲は晴れず、撮影もそこそこに出発。

ku02

ku03


双六山荘で、しばし休憩。三俣山荘までの3ルートのうち、双六岳への直登ルートは雪渓が多いため開通しておらず(前日は開通していたようだが、また閉鎖)、巻道は軽アイゼンが必要との立札を見て、中道を選択(実際には巻道に軽アイゼンは不要だったらしい)。

高山植物が咲き誇り、空が青ければ良い写真が撮れそうと話ながら、薄曇りの中を歩いた。
途中、ライチョウを2匹見る。

三俣蓮華山頂では、一時雲が晴れ、目指す雲の平が眼下に見えた。

山頂直下のお花畑で撮影。その後、三俣山荘へ下る。天気は回復し、夏らしい空になってきた。山荘奥にそびえたつ鷲羽岳がかっこいい。

ku05


山荘では、今日から開診するという香川大学の研修医さんにアンケートを配られる。これから8月下旬頃まで交代で滞在するという。

ひと休憩してから、小屋周辺で撮影をする。

ku06


夕刻、やはり槍は再び雲の中に。夜は晩くまで雷が光っていた。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。