上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月21日( 土 )、三連休の初日に笛吹~笹尾根~三頭山ルートの確認山行に行ってきました。
武蔵五日市駅で待ち合わせ、都民の森行きバスに乗り笛吹(うずしき)バス停で下車。
好天の中、気持ちよくスタートするも、

01スタート
▲今日のメンバーは「ASAのスーさん」と「うちのカミさん」です。

相変わらずの下調べ不足で、スタート早々「笛吹バス停~笹尾根の笛吹峠間は、平成24年1月から平成27年7月15日(予定)まで山林伐採のため通行止め。数馬峠または小棡( こゆずり )峠の迂回路をご利用ください。」との案内が。。。
02通行止
アレ?奥多摩ビジターセンターのホームページに書いてあったか?
(記載ありました)と、3人で笑いながら、
「予定外の迂回ルートなので、逆に来た甲斐があった! 平成27年7月15日までなら次の増刷時には記載しないといけない!」と変に納得しての登山開始となりました。

笛吹バス停からは迂回路の案内がしっかりあり迷うところはありません。
ただ、舗装道路が終わり、小棡峠(こゆずりとうげ)への分岐は、そのまま舗装道路を進む?と迷わせる気配あり。
ちょうど近所の方が通られたので確認して山道に分け入りました。
03コユズリ峠入口
▲小棡峠への分岐

奥多摩らしい木立の中を気持ちよく登ると、展望が開け下の集落が見えました。
伐採後に苗木が植えられていますが、まだ小さいために展望があります。
花粉が少ない杉の苗木が開発されたというニースがあったね、と話しながら尾根をめざします。
05展望

1時間20分ぐらいで小棡(こゆずり)峠に到着。一息入れて、ここからは歩きやすい尾根道を進みます。
写真はありませんが、来月初旬に長谷川カップ(山岳耐久レース)があるので、
多くのトレランの方が練習で走っていました。
06コユズリ峠

途中、もともとここに上がってくるはずだった笛吹峠で昼食。
山林伐採のチェーンソーの音が聞こえました。
07笛吹峠

昼食後は、迂回した分時間をロスしたので少し歩を早め、槇寄山をめざします。
途中、視界が開けると富士山も展望でき、のんびり気分で歩けます。
08富士

槇寄山手前の西原峠の手前には
ハセツネ30km地点の道標が。
09_30km地点

槇寄山山頂で小休止後、大沢山をめざします。
ここから大沢山までは標高差294m、約2時間の登りです。
途中、何組かのトレランの方に抜かれますが、皆さん身軽に登って行きました。

我々3人は途中息を切らしながらも、最終バスの時間もあるので遅れないよう歩を早めます。
結構いい登りで汗を流し、大沢山手前の三頭大滝への分岐に到着。
ベンチがあるので水分補給し、大沢山山頂へ。

もう三頭山は目の前です。
山頂を下ってすぐの三頭山避難小屋を覗くと、シュラフが3つ並んで置かれていました。
今晩の宿泊準備をして出かけたのですね。
この時期はハセツネの練習で夜通し走る方もいて、避難小屋を夜中に訪れる方もいるそうです。

避難小屋から整備された階段を登り三頭山山頂へ。
予定より早めに到着しました。
11三頭山_山頂

最終バスは16:45なので、鞘口(さやぐち)峠を経て
都民の森バス停をめざすことに。
森林浴の心地よさを感じながら、最後の下りを楽しみました。
12栓の木
▲立派なハリギリの木(センノキ)

写真はありませんが、都民の森の売店でビールで乾杯。拝島駅では美味しい串焼きで、たっぷりアルコールを楽しみました。お疲れさまでした!!

■プラス情報■
奥多摩ビジターセンターのホームページにも記載されていますが、
奥多摩湖の浮橋は通行止めです。
13浮橋通行止

■お遊びGPS■
ランニング用GPSウォッチで途中まで歩いてみました。電池切れで槇寄山までですが意外にちゃんと計測されていました。
GPSWatch.jpg

harush@ASA
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。