上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月2回目の三連休は、最高の秋晴れの元、
友人2名と常念、蝶に行ってきました。

金曜日の夜、夜行バス乗り場に集合。
たくさんの山屋さんであふれています。

思いがけず、ASA みちのく氏に遭遇。
みちのく氏は、槍をはさんで反対側の双六岳に出かけていきました。

一ノ沢には朝4時過ぎに到着。のんびりと準備をして6時過ぎに出発。

コースタイム約4時間半の道は、ほぼ沢沿いで涼しい風に癒されながらの登りとなりました。

胸突八丁からは急な登りとなりましたが、途中、常念が雲の合間から見え隠れ。

そして、常念乗越につくと、雲が晴れ、一面の青空のもと槍ヶ岳がババーンと登場。
北アルプスの王者よろしく、雲の冠をかぶっていました。
DSC_2489s.jpg

翌朝は4時に起床。月が明るいです。
DSC_2554s.jpg

続々と常念に登っていく登山者。
DSC_2566s.jpg

日の出は5時半ごろ。みごとな雲海に空が赤く染まり、歓声に包まれました。
DSC_2605s.jpg

秋ももうやって来ていました。
DSC_2648s.jpg

さて、朝食を食べ、7時半に出発。
常念岳山頂まで2時間近くかかってしまいました。
山頂から、蝶ヶ岳までの道が見えます。大きな登りは3か所。この道を行きます。
DSC_2711s.jpg

常念の下りがつらかった!
大きな石がごろごろした場所もあり、2時間近くかかったでしょうか。

その後の登り降りは、つらいものの、ほぼコースタイム通りで進みました。
最後の登りは、ちょっとバテ気味。。

蝶ヶ岳ヒュッテには15時半ごろに着きました。
友人持参のおいしいコーヒーを淹れ、お茶会となりました。

翌朝もいい天気。雲海が広がりました。
DSC_2772s.jpg

穂高から槍までの眺めも堪能しました。
DSC_2765s.jpg

DSC_2786s.jpg

女子三人、
おしゃべりに花を咲かせ、休憩しすぎたり、
おいしいお菓子を交換し合ったり、
時には辛さに黙々と、
最後は、よくあの道を歩いたね、と満足にひたりました。

下山後のほりでーゆのお風呂が最高でした。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。