上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨の晴れ間、雨続きでもやもや気分の心と体をリフレッシュ!裏高尾・奥高尾に出掛けてきた。

大雨の後で梅郷コース小仏川は、ちょっとした渓谷のようになっていた。
P6150037.jpg

日影沢の水場の水も勢い旺盛!晴天の暑い本日は冷たい水が気持ちいい~
P6150038.jpg

一丁平は多くの人で賑わっていたが、その脇でヤマボウシの高木が白い花をつけていた。
P6150039.jpg

城山で昼食タイム。日曜の今日は売店でなめこ汁やおでんを購入でき、新緑もきれいで満足満足。
IMGP1631.jpg

今日は一日天気が安定しているようなので、影信山に向けて出発!
すれちがう人も多く、「こんにちは」を連呼していると影信山頂に到着。
P6150040.jpg

のんびり下山して、高尾駅前でプチお疲れ様会。
体を動かした後はごはんがおいしい~
P6150041.jpg

今日もまたいっぱい食べて、おしゃべりして、運動して、写真も撮って、楽しい一日でした
週末、百名山のひとつ、金峰山に行ってきました。

土曜日の午前中は用事があったため、
11:52新宿発、高尾で乗り換え、14:17韮崎着。
鈍行での電車旅も良いものです。

14:45発のバスで瑞垣山荘に16時頃到着。

そこから40分ほど登り、私と数名は、富士見平小屋に宿泊。
他はテント泊。
食後は、テントのまわりで歓談を少々。5月といえども、寒かったです。

富士見平小屋から1か所のみ、きれいに富士山が見えるところあり。
DSC01924s.jpg

大日岩から上は急登に凍った残雪がかなりあり、アイゼンが必須。
私以外のメンバーはアイゼンなしだったため、苦労して登っていました(下りもかなりたいへんそうでした)。

遠くに写っているのは、瑞垣山と八ヶ岳。
DSC01938s.jpg

尾根に出たあたり。
一番左の四角い岩が山頂直下の五丈岩です。
DSC01945s.jpg

富士山がきれいに見えます。
DSC01937m.jpg

山頂です。
白い雲がぷかぷか、青い空。幸せの中、昼食を。
DSC01952s.jpg

五丈岩。
ボルダリングをするメンバー1人は、登っていました。
下りるのがやはり怖かったとのこと。
DSC01960s.jpg

奇岩と、南アルプス、八ヶ岳、富士山、北アルプスまで見える360℃の景色と
そして、巨大な五丈岩。
百名山にふさわしい、非常にすばらしい山でした。

偶然、別メンバーと1日前に金峰山に登っていたTadさんのヤマレコはこちら

mn
約10ヶ月山行を実行しなかったため、身体が鈍っているので第一段階として鳴神山(960m)の低山から開始することとした。今の時期は鳴神山系のみに群生するカッコソウを目的に向かった。
鳴神山は仁田山岳(980m)をいうが、隣の桐生岳(950m)の方が展望が良いためか頂上に写真用看板として「鳴神山(980m)」が置いてある。

今日は天気が良かったので360度全て観ることができた。富士山、スカイツリー、浅間山、筑波山、皇海山及び赤城山とすばらしい景色であった。
富士遠望

又、カッコソウの群落も撮影できました。
カッコソウ

カッコソウの群落

地元の人に教えて頂いたのは、白いイワカガミの群生です。イワカガミの白いものだけでも珍しいのだが、群生となると初めてである。今年が一番多いそうだ。
白イワカガミの群落

第一段階はクリアできたので、第二段階へ。
      記   K.S(67)

ゴールデンウイーク明けやっと私の休暇がやってきた。
この時期の乗鞍は春山バスで本日の宿の位ヶ原山荘には歩くことなく到着。日曜日とあって、春スキーを終えた人で山荘は賑わっていた。
今日は快晴。急いで身支度して登り始めたが、ここまでバスで来たため息が上がってしまう・・・。
明朝の撮影場所や、ライチョウに会えないかと、今シーズン最後の雪面をあちらこちら歩きまわった。
P5110003.jpg

山荘に戻るとスキー客は下山して静けさの中、山は輝いていた。
P5110020.jpg
最高の一杯!
NEC_0002.jpg

この夜は風が強くなり、明日の天気は下り坂の予報。朝の撮影はできるかなと、3時に起きて外に出ると、風は強いがなま暖かく、星空。支度をして撮影ポイントまで歩きだした。
北アルプス・八ヶ岳・南アルプス・中央アルプスとすべて見渡せる朝の撮影タイムとなった。
IMGP0288.jpg
本日は風が強いため早々に下山して一ノ瀬キャンプ場周辺を散策することにした。水芭蕉が咲いていたがちょっとピークは過ぎてしまったかなあ。美人の水芭蕉を見つけて一枚。
P5120063.jpg
下調べ不足だったため、水芭蕉と乗鞍の写真が撮れる池の場所がわからず、そのまま帰路についた。
あとで調べて残念な思いをしたが、まあそれは来年の楽しみとしました。
GWはメンバー7名にて燕岳に行ってきました。

中房登山口の駐車場に前泊。
5/3は昼ごろに天気が崩れる予報だったため、5:30に登山口を出発しました。

第2ベンチあたりから雪があり、第3ベンチでアイゼンをつけて、ゆっくりと登ります。
気持ちいい快晴の中、合戦小屋に到着。
昼食を食べ大休止をし、合戦尾根を進みます。

小屋の数百メートル手前から黒い雲が出てきて、小屋前の階段を上る時には雹が顔に当たり、痛い!
ほうぼうの体で小屋に到着が13時。

その後、小屋周辺はホワイトアウトし、夕方まで休憩~。

夕方の写真。
DSC_7017s_.jpg

夜2時に起床して、星の写真。
DSC_7041s_.jpg

朝の写真。雲がなくいまいちのでき。
DSC_7086s.jpg

DSC_7090s.jpg

小屋前で記念撮影。
DSC_7120s.jpg

当初は2泊の予定でしたが、4日の夕方から天気が崩れるとのことで
急きょ、下山して中房温泉に泊まることに決定。
そのとき、朝食の時間に小屋のご主人から、中房線が土砂崩れにより昨夕から通行止めとの報告を頂く。
いつ開通するかはわからないとのことでしたが、翌日には開通すると見込み、予定通りに下山を開始。
暑いくらいの晴天の元、ゆっくりと下山しました。

中房温泉には、たくさんのお風呂があり、大満喫。
宴会とお風呂で、山の疲れを癒しました。

詳細は、Tadさんのヤマレコにて->こちら

mm 改め mn
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。